CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
sweet dreams
http://www.sweetdreamspress.com/#
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
池間由布子を知る夕べ


「池間由布子を知る夕べ」

3月28日(土)
@新栄cafe Palwrl(パルル)
www.parlwr.net/
出演:池間由布子/GOFISH
19:00/19:30
予約1500円 当日1800円(+1ドリンク代)
予約gofishota@gmail.com
住所:名古屋市中区新栄2-2-19 新栄グリーンハイツ1階 
電話:052-262-3629( 当日のみ対応)

http://youtu.be/-KZWx7U6gQM

テニスコーツの客演でも知られるSSWの池間由布子さん、伸びた背筋、凛とした歌声、人なつっこい笑顔、
ささやかな決意が身を寄せ合って生まれたような1stアルバム「しゅあろあろ」の発売を記念しての名古屋初ライブです。
池間さんとの2マンは今回が3回目。お互いが一曲ずつ演奏してゆくサドンデススタイル(もしくはB2Bスタイル)でいずれも
行っていて今回のパルルでもそのスタイルでやろうかと。

よろしくお願いします。


 

続きを読む >>
| Gofish | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ふたつの月





撮影 三浦知也
| Gofish | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
よかんのじかん(下)
 
教会のエントランスには(エントランスというのかわからないが)すでに10名くらいのお客さんが待っていた、もう開演は五分前くらい、心の中でスミマセン‥と思いながらも礼拝堂へ。
福田さんから結局電車の遅れでお客さんのほうも開演時間に間に合わないということで開演時間は大幅に送らせたことを知る、みんなが同じ立場だったのね。
初めて入った富士見丘教会の礼拝堂は派手なところはなく木造で広々としている。
音出しをしながら、高い天井を見上げながら落ち着きを少しづつ取り戻してゆく。

遅らせた開場時間のころには会場は立ち見が出るほどの満員でした、この大雪の中来てくれたのか‥。  「こんなにうれしいことはない‥」   ていうのは機動戦士ガンダムの最終回におけるアムロの最後のセリフ、胸が騒いでいる。

うんどらは堂内を動き回りいろいろかたちを変えながらながらお客さんを歌声で囲んでいた。座席で聴きたかったなぁ、くるくる歌声が伸びたりちぎれたり、動いて回って高い天井からも降ってきて楽しいかった。
今夜のASUNA、オルガンでのドローン、降り注いでた。しっかり聴けなかったのがほんとに残念‥。
Gofishはどうだったんだろう?自分ではわからなかったのが正直なところ、ミスタッチもあったし、後半のドローンというかフィードバックの部分はあきらかに長過ぎた。
ただ新しい発見もあった。いつもなら歌詞の世界を映画を見るみたいに傍観して歌っていたのがこの日は歌詞の世界に自分も立っていた、気がする。

ライブが終わったあとは針の飛んだレコードみたいにいろんな人にありがとうを言い続けることしか出来なかった。
やっぱり言葉はでてこないのだ。

























| Gofish | 13:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
よかんのじかん(上)

昨夜は波田野君のうちのコタツの中で寝落ちしたつもりが朝には布団のなかにいた。
布団から出るのをためらうほどの寒さ、今日は雨の予報ということでカーテンを開けて外を見るとたしかに降ってます、しかし数分後には雨から雪に変わってゆく、あらあら。
泊めてもらった上に朝ご飯まで頂いてほんとうにありがたい。トーストと豚汁にお餅を入れて頂く、れいちゃんが作ってくれた豚汁は生姜が利いていてとてもおいしかった‥。
雪は相変わらず降り続けていたけど、この時点では午後にはやむらしいなんていう予報を楽天的に信じていました、加藤りまちゃんの「Harmless」が雪の朝に馴染んで聴こえていた。
外に出て踏みつけた雪は水分を多く拭くんだシャーベット状で靴に冷たい水がしみ込んでくる。
ぬかるむ足下を気にしながら車に機材を積み込み稲田さんと波田野君の三人で一路富士見丘教会へ(黒田くんは昨日の夜から別行動)。
公道にでても相変わらずガンガン降り続ける雪、のろのろ運転で窓は拭いても拭いても曇ってゆく(タイヤはもちろんノーマル)、それでも三人はまだのんきにテレフォン人生相談の神相談を波田野君のためにとまたもや聴いてまたもや絶句したりしてました‥。

これはマズいかも‥と思いはじめたのは甲州街道で調布にさしかかったあたり、いままでノロノロとでも流れていた車の流れが完全に止まってしまう。この時点で午後1時くらい、福田さんに連絡をして入りの時間には間に合いそうにないと‥。
このまま待っていてもらちがあかないということになり南下して世田谷街道まででることに。
南に向かう道はありがたいことに流れていてさくさくと進めてゆけたのですがなんせこのみぞれ雪、ガタガタのアイスバーン化している道路で見事にスリップ!車は真横になって道をふさいでしまう形に、タイヤは当然空回り‥。後続車の人も降りてきて押してもらいなんとか元の格好に、ここで初めてチェーンを着用することを決意。測道に入って慣れないチェーンをすったもんだしながらようやく取り付け完了できたときには全身びしょ濡れ、靴の中はグズグズ、限りなく雨に近い雪で体は冷えきってしまう。
チェーンを付けたからといって安心できないほどにつるつるのアイスバーンの上を慎重に走らせながら福田さんと何度も連絡を取りつつようやく世田谷街道まで。相変わらず降り続ける雪、どうやら電車も運休やら遅れやらでとんでもないことに、こんなことではお客さんは全然集まらないだろうと、それどころか自分たちですら到着するのが怪しいのではという不安も頭をもたげる。黒田くんは遅れながらもなんとか教会に着いたようだが。
世田谷街道を環八方面に乗った15分ほどの間、車の流れは1ミリも動かない‥。この時点で3時半過ぎ、開演は5時。この辺りからもう車を捨てて電車で行ったほうが良いかもという考えがあがる、遅れながらもちゃんと動いている小田急沿線だし。しかし荷物はアコギ、エレキギター、チェロ、コントラバス、ギターアンプ二台、エフェクターボード、ASUNAくんのオルガン、ASUNAくんの絶望的に重いトランク、その他もろもろ‥、とても三人では運べない量。
ここで再び会場と連絡、すでに到着していたASUNAくんに電車で向かう提案を話すと会場から駅まで荷物を取りに向かうと、こちらで5人用意できると。
狛江の駅で足場の悪い中を三人で車から機材を改札口前に降ろし冷えきった体で助っ人を待つあいだの時間はすごく長く感じた。駅の時計は4時をとっくに回っている‥。

改札口の向こうにASUNAくんが手を振って現れたときには本気で涙が出そうになりました。
黒田君、一平ちゃん、三田村君、松本彰子さん、そしてちょうど落ち合ったハマチョさんとで荷物をえっちらおっちらしながら下北へ向かう電車に乗り込んだ。

電車の中ではみんなと会話はしつつもなんだか言葉にならない感情がぐるぐると渦巻いていて僕自身と関わりを持ってくれている人たちのことを思っていた。

下北の駅に着いて三田村君に先導され雪の道を用心深く進むこと20分、ようやく本日の会場富士見丘教会にたどり着いた!







| Gofish | 16:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
逆回りの音楽
 
ワタナベ君宅をあとにして車で一路立川へ。
なかなかガソリンスタンドが見つからず焦ったけどなんとか見つけて圏央道にのる。圏央道、初めて使いました。道中youtubeに膨大にアップされているテレフォン人生相談(ファンはテレ人と略す)の中の「神相談」といわれているものを聴く。実は昨日の久喜市に向かう道中で僕と稲田さんはすでに聴いていたのだけど(さらにいうなら僕は以前のNICE VIEWのツアーの移動中に2回聴いている)眠ってしまっていた黒田くんのためにもう一度聴くことにしたのだ。何度聴いても相談が終わったあと5分ほど誰もが絶句してしまう‥、ヘビィだけど聴く価値は絶対にある。
圏央道を降りたあとはセロニアス・ヒムセルフを聴きながらセプチマへ。
規則正しい運転をするためのBGMにモンクは向かないけど(特にソロ)この自由なグルーヴの快楽には抗えなく最期まで聴いてしまう。

立川のなんてことはない住宅地のなんてことはない小さな曲がり角をまがって少しだけ進むと、ちょっと大きすぎてしまったおもちゃのお家のようなセプチマがある、波田野君が荷物をもって歩いている、手を振る、福田さんもすでに来ている、なんど来ても心が躍る場所。
少し早めに到着できたのでそのまま練習をさせてもらう。セプチマでトリオの演奏をするのは初めてだったけど音の響きもばっちりでPAを担当した安永くんも特に何もすることはないと‥。
心配していた雨も明日に持ち込んだとのこと、昨日の寒さがウソみたいに風も緩く日差しも暖かい、福田さんよかったですね。
他の出演者のリハも進んでゆき、bar給湯室、TAIYODOさん、出店の準備も進んで人も徐々に集まりはじめてだんだんにぎやかしくなってゆき、暮れ行く景色とともにセプチマは逆回りを始める。
律っちゃんのDJからスタート、現地調達したという台湾の電子音楽(カラオケ?)が最高すぎて、もう今日は大丈夫!と安心をしてしまう。
昨日と同様に盛り上がったASUNAの次は開演時間を二時間間違えて出番ギリギリに(ほんとにギリギリだった!)到着した江崎さんを含むPOPO。2年ほど前の名古屋での大雪の日に見た以来。三人の若干恐縮したようなぽつんとした佇まいからすでに音がきこえたり色が見えてたりしているので出す音は最小限でかまわないのかもしれないなんて思いながら。東名高速(曲名)は聴く度に新しい発見がある名曲中の名曲。なんの曲だったか忘れてしまったけど中盤での江崎さんのソロがセプチマまでの道中で聴いていたセロニアス・ヒムセルフを思い出してしまうほどの名演だった。
ずっと見たくて楽しみにしていたAmephon's attc、いやがおうにも体が動く。生ピアノを擁したオーセンティックなロック・ステディを鳴らしているバンドがいまどれだけ日本にいるのかは知る由もないけどそこからはみだす要素が可能性に満ちていて嬉しくなってくる。アメフォンさんと話をしてロック・ステディへのこだわりと土着と土着を繋いでゆく感覚との自然な融合にはおおきくうなずかされました。ここでもうれしい約束があった!
Gofishトリオ、何時間でもやってください!という波田野君の声に当初の予定を大幅に越え70分超えの演奏(!)。ASUNAくんを交えた「ふたつの月」から「とてもいいこと」の流れは自分で言うのもなんですが完璧に近かったと思った。

絶品だったTAIYODOのブリトー(ミノケンのツイートをみて一本で終わらせてしまったことを激しく後悔)、利き酒ならぬ利き烏龍をさせてくれた真子さまとシバタくん(おいしかった!)、やんわりと、はんなりと、粛々と人を酔っぱらいにさせてゆくbar給湯室のお三方。そしてわざわざ東京の外れにある小さなギャラリーになにかを期待して集まってくれた人たち、ひとりまたひとりと帰ってゆき、残された波田野君や僕たちでセプチマがまた元の回転に戻るのを見届けたのでした‥。




















| Gofish | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いなかまちにおんがくがなりひびく
 
三年振りに訪れた久喜市。カフェ・クウワは三年前に来たときよりも居心地がよかった、それは三年前より自分の緊張がほどけているということもあるのだろうけど、三年分の人の行き来が人の限らず椅子もテーブルもソファーも柱も床もその場の役割を認識させてくれるものなのかなと感じた。古民家を改築したカフェで黒田くんは同業者としてなのか、しっかりしてはるなぁとか勉強になるなぁとかつぶやいていた。
間宮君とあいさつ、奥さんのヒロコちゃんは三年前はお腹が大きかった。いまはそのおなかにいた子を抱いている。最近はこけしになっているぷりぷり君は髪が伸びていてこけしというよりは落ち武者のよう、とてもいい選曲をしてくれていました。

 開場してからは久しぶりの帰った実家に夜更けになって親戚が集まってきて、そしてそれぞれがその友達までつれてきましたって雰囲気。
東京からもたくさん来てくれていて嬉しかったなぁ。
 yojikとwandaはギターの流暢さにただただ感心してしまった。一抹の淋しさや諦観ただよう詩にメロディがやさしく寄り添う。ふっとボブ・ドロウがよぎる洒脱な曲がとても印象に残った。
 ASUNAはあの絶望的な重さに達した手荷物のトランクがちゃんと意味があることを証明するかのようにありったけのオモチャやカシオトーンをふんだんに盛り込んだにぎやかな演奏。夢の中のパレードの往来、拍手喝采。
 柴田聡子さん、ずっと見たかったライブが見られてうれしい。おそらく新曲ばかり、橋をつくる男のうたの演奏中、お風呂にざぶんと浸かったとき思わず口にしてしまう「あ〜」ってやつ、曲が終わるまでの間ずっと僕の感情がその「あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」って言い続けていた。
 
そしてGofishの演奏、少し緊張した。途中で鳴った柱時計が三年前といまを繋げる。

いろいろな人と話をしたいのだけど演奏のあとは出し切って放心状態なうえもともと話べたなのでなかなかうまく話せない、でも柴田さんと話が出来てうれしかった!
WWWの三條さんとも嬉しい約束をする、実現するかはまだわかんないけど‥。
超マイルドなグリーンカレーを頂いたあと間宮君にまた三年後にクウワに来ることを約束をして本日のスタッフで写真も撮ってくれていたワタナベ君の一軒家に泊めさせてもらう。
お土産に持っていったスガキヤのインスタントみそ煮込みを遊びにきた女の子が作ってくれたのだけどみそ煮込みになじみがほとんどないためなのか具材など全く違うアプローチに調理されていてびっくりした。それはそれですごくおいしかったけど。






| Gofish | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Gofishトリオ関東3days with ASUNA
いよいよ今週末からです!
全公演ともinfo.sweetdreams@gmail.comにて予約可能です。
よろしくお願いします!


いなかまちにおんがくがなりひびく その16
1月12日(土)埼玉・久喜 カフェ・クウワ(0480-31-9976)
埼玉県久喜市菖蒲町新堀483/JR・東武久喜駅もしくはJR桶川駅よりバスで菖蒲仲橋下車徒歩10分
出演:Gofish(テライショウタ+稲田誠+黒田誠二郎)、asuna、yojikとwanda、柴田聡子
BGM選曲:DJぷりぷり(浅草橋天才算数塾)
開場 5:00pm/開演 6:00pm
料金 2,300円(予約)/2,500円(当日)*どちらもドリンク代別
お問い合わせ/予約:カフェ・クウワ、スウィート・ドリームス・プレス



逆まわりの音楽 その3
1月13日(日)東京・立川 ギャラリー・セプチマ
東京都立川市柏町3-8-2/多摩都市モノレール砂川七番駅より徒歩2分
出演:Gofish(テライショウタ+稲田誠+黒田誠二郎)、asuna、popo、Amephone's attc
DJ:坂田律子(pagtas)
開場 4:30pm/開演 5:00pm
料金 2,000円(予約)/2,300円(当日)
お問い合わせ/予約:スウィート・ドリームス・プレス、安永哲郎事務室、ギャラリー・セプチマ



よかんのじかん
1月14日(月・祝)東京・下北沢 富士見丘教会
東京都世田谷区代沢2-32-2
出演:Gofish(テライショウタ+稲田誠+黒田誠二郎)、asuna、うんどら(テニスコーツさや+合唱隊)
開場 4:30pm/開演 5:00pm
料金 2,300円(予約)/2,500円(当日)
お問い合わせ/予約:スウィート・ドリームス・プレス
協力:富士見ヶ丘教会、Flysound、Taguchi









| Gofish | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Gofishトリオ関東3days with ASUNA

いなかまちにおんがくがなりひびく その16
1月12日(土)埼玉・久喜 カフェ・クウワ(0480-31-9976)
埼玉県久喜市菖蒲町新堀483/JR・東武久喜駅もしくはJR桶川駅よりバスで菖蒲仲橋下車徒歩10分
出演:Gofish(テライショウタ+稲田誠+黒田誠二郎)、asuna、yojikとwanda、柴田聡子
BGM選曲:DJぷりぷり(浅草橋天才算数塾)
開場 5:00pm/開演 6:00pm
料金 2,300円(予約)/2,500円(当日)*どちらもドリンク代別
お問い合わせ/予約:カフェ・クウワ、スウィート・ドリームス・プレス



逆まわりの音楽 その3
1月13日(日)東京・立川 ギャラリー・セプチマ
東京都立川市柏町3-8-2/多摩都市モノレール砂川七番駅より徒歩2分
出演:Gofish(テライショウタ+稲田誠+黒田誠二郎)、asuna、popo、Amephone's attc
DJ:坂田律子(pagtas)
開場 4:30pm/開演 5:00pm
料金 2,000円(予約)/2,300円(当日)
お問い合わせ/予約:スウィート・ドリームス・プレス、安永哲郎事務室、ギャラリー・セプチマ



よかんのじかん
1月14日(月・祝)東京・下北沢 富士見丘教会
東京都世田谷区代沢2-32-2
出演:Gofish(テライショウタ+稲田誠+黒田誠二郎)、asuna、うんどら(テニスコーツさや+合唱隊)
開場 4:30pm/開演 5:00pm
料金 2,300円(予約)/2,500円(当日)
お問い合わせ/予約:スウィート・ドリームス・プレス
協力:富士見ヶ丘教会、Flysound、Taguchi



| Gofish | 01:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Gofishトリオ12月の大阪〜鳥取ツアー
 

12月14日(金)大阪・南船場 epok(06-6263-1133)
大阪市中央区南船場1-1-12 企業交流プラザビル4F
出演:Gofishトリオ、Water Fai
出店:喫茶ゆすらご
開場 7:30pm/開演 8:00pm
料金:2,000円(+ドリンク代)



12月15日(土)鳥取 ボルゾイ・レコード(0857-25-3785)
鳥取市新町201上田ビル2F
出演:Gofishトリオ、3月33日、tanaka sings empty orchestra、ロンサムパイロット
出店:喫茶ゆすらご、食堂カルン
開場 6:30pm/開演 7:00pm
料金:2,000円(予約)/2,300円(当日)
予約:ボルゾイ・レコード




| Gofish | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゆすらごにて
 
喫茶ゆすらごのブログより転載

 


Gofishトリオ レコ発ライブ


 
■11月18(日)
 出演:
 Gofishトリオ(テライショウタ+黒田誠二郎+稲田誠
 asuna(from金沢)
 ヨダサチエ(from長野)
 open18:00 / start 18:30
 前売2000円 / 当日2300円
 ※定員25名。ご予約オススメします。
  問合・
予約→moyashirecords@yahoo.co.jp





Gofishは
名古屋のテライショウタ 
a.k.a. Nice Viewのソロユニット
 稲田誠さんのコントラバスと
黒田誠二郎のチェロを交えて
10月15日にニューアルバム
「とてもいいこと」を発売









ミニCDレーベルの貴公子
金沢の電子音楽家 asuna
もう早くも2回目のライブ













テルミンとアシッドシャンソンデュオ「めめ」で
ガットギタァ&唄だったヨダサチエさんは
ソロ名義で久々の演奏


















| Gofish | 03:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/2PAGES | >>